淡く柔らかな色彩、カサカサとした素朴な質感、滑らかで愛嬌のあるフォルム。その控えめな佇まいは、日常にそっと溶け込んでくれます。汎用性が高いボトルやジャグは、本来の機能以外でも、アイデア次第で用途の幅がぐっと広がります。フラワーベースやアロマディフューザー、ツールスタンドなど、自由な発想でご使用ください。

"アガスケ"とは、"格好つけ"などを意味する東北の方言。その皮肉めいた名称とは裏腹に、繊細な手仕事が施されています。表面の削りから生まれる白磁の細やかな質感。水面の揺らぎを想起させる水空や、吹きつけのように朱がにじむ紅梅の窯変表現など。それぞれ、磁器本来の魅力が感じられる美しい器です。

プロジェクトの原点であるファーストシリーズ。森と湖に囲まれた北欧・スウェーデンの冬は厳しく、白夜が続きます。"vit"はそんな厳しい寒さの中で輝く、美しい雪景色のイメージから生まれました。粉雪のようなマットな質感、淡く青みがかった肌となめらかなフォルムは、周囲と調和し、優しい空間を生み出してくれます。